ミエナイチカラ

そう思うのは

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※変態ですよ!
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








「なぁなぁ…チャンミン」



「これ…どうしても?」



『もちろん!』



「う――ん」



『往生際が悪いです!
ほら 早く!!』



往生際もねぇ…
チャンミンが勝手に
言ってるだけだし
俺 全く関係無くね?



なんて口に出して言おうものなら
最後に痛い目にあうのは俺の方だし
ここは素直にチャンミンに従うしかない



俺はチャンミンに勧められるまま
黒のレギンスを手に取った



何故レギンスかって?



どうやらチャンミンは俺の太ももが
皆の前で晒されるのが嫌らしく
膝上のパンツの時には
下にレギンスを履けと言う
(仕事の時は我慢するらしい)



別に男の太ももなんて
誰が見たって面白くも何ともないだろうって
口を滑らしたら
アンタは自分がどんだけエロっちいか
分かってねぇ―と叫んで
何処からかこの黒いレギンスを出してきた



エロっちいって…



そう言うのお前だけだよ…



俺は仕方なくレギンスに足を通した



「これでいいんだろ!!」



俺はレギンスを履き
チャンミンに見せる



『…………』



「ほら!!」



『…………………』



「ほらほら!!」



せっかく履いてやったというのに
チャンミンは俺の足を凝視して
何も言ってこない



それでいいですとか一言
言えばいいのに…



俺は何も言ってくれない
チャンミンを無視して
ショートパンツを履こうとすると



チャンミンが俺の手を掴んで
ショートパンツを履くのを止めた



「チャンミン?」



『……………』



「何??」



『アンタ……本当エロっちい』



「?????」



いきなり何言ってんだ?と思ったが
チャンミンの視線がずっと
俺のアソコと尻に向いているのに気付く



俺は自分でもソコを見てみると
俺のアソコはレギンスが黒っていうのもあってか
妙に強調されて生々しく見えた



チャンミン…



もしかして…



『ユノ………』



『いいですね…』



チャンミンの喉が
ゴクリと音を立てるのが
俺にも聞こえてきた



お前……



最低だな…‥




























『ユノは本当に自分の事
分かってないです』



そうか?自分の事は
自分が一番分かると思うけど?



「分かったよ
あんまり短いパンツ履かねぇよ」



『分かればいいです』



分かればいいって……



チャンミン
ヤキモチ焼きすぎじゃね?



俺はちょっと嬉しくなって
チャンミンの胸に顔を埋めた































にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



変態に徹しきれなかった(´・ω・`)チーン

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/09/24(土) 22:25:21|
  2. SS
  3. | コメント:2
<<日々のたわ言 9/25 | ホーム | 恋月・38>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/09/25(日) 04:04:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

wi○○○○i様

ちょっとだけでいいですか(笑)
私はがっつり 拝みたいです
こっそりでいいから(笑)
太ももをですよ←(逃)

絶対チャンミンに消される〜( ̄▽ ̄;)


こんな変態ですが
これからも お付き合いくださいね♪





  1. 2016/09/25(日) 13:52:37 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する