ミエナイチカラ

恋月・44

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。
※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ










side・Y







それから親子3人揃って食事をし
風呂にも一緒に入った



ミヌは チャンミンの作った料理を
俺の作る料理より美味しいと絶賛し
小さな口に 目一杯ご馳走を放り込んでいた



ふとチャンミンを見ると
チャンミンもミヌと同じ様に
口一杯に 料理を詰み モゴモゴと口を動かしている



二人が並んで食べていると
その容姿はもちろん
食べる様が本当によく似ていて
俺は二人の親子の繋がりに頬が緩み
二人をずっと見ていたものだから
自分のご飯が進まず
チャンミンに心配されてしまった



お風呂はチャンミンの希望もあって
狭いけど3人揃って入った



久しぶりにチャンミンに
自分の体を晒す事がためらわれたけど
ミヌが お父さんとお風呂と
はしゃいでくれたおかげで
そう気にせずに済んだ




そしてチャンミンと
ミヌを寝かしつけると
俺はチャンミンに抱きしめられた



『ユノ…来てくれて
ありがとうございます』



『ミヌ君を産んでくれて
ありがとうございます』



チャンミンは 何回も
ありがとうを言い続けた



俺の方こそチャンミンに
受け入れてもらって感謝しかないのに



そして何度目かのありがとうの後に
チャンミンの唇が 俺の唇に
そっと……本当にそっと触れてきた



チャンミンの優しさ 誠実さが
触れた唇から伝わってくるような
そんな口付けだった



チャンミン…



チャンミン……



俺はとても嬉しくて



とても幸せで



また涙して



今度は自分からチャンミンを求めた





























にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/10/08(土) 22:00:00|
  2. 恋月
  3. | コメント:0
<<日々のたわ言 10/9 | ホーム | 恋月・43>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する