ミエナイチカラ

恋月・45

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ











side・ Y






何年かぶりにした口付けは
とても優しくて
とても甘くて
そしてとても熱くて
はしたなくも俺は自ら次を求めた



チャンミンはそんな淫らな俺に
応えるかのように
激しく舌を絡めてきた



「ん…………うぅん…」



『はっ…ぁ‥ユノ………』



チュッ…チュプと淫らな音が
ミヌのすぅすぅという寝息と重なって
静かな部屋に響き渡る



ミヌは今日1日色々な事があって
疲れきっているのだろう
まったく起きる気配がなかった



直ぐ側で子供が寝ているのに
こんな事をしているなんて
俺は なんて いけない親なんだろう



そう思うけど体が熱くて
もう止められなかった



それはチャンミンも同じで
俺の下腹部にチャンミンの熱いモノが
当たっていた



『ユノ……ユノ………
この先も‥していいですか?』



そんなの聞かなくても
いいに決まってる



俺はチャンミンの手を取ると
チャンミンと同じ様に
熱くなっている俺のモノに導いた



『ユノ……』



「チャンミン…」



「して……俺を愛して」



「俺はずっと…
チャンミンの物だから」



そう言うとチャンミンは
愛してると俺を抱きしめてくれた



『ここは …ミヌ君が寝てますから
居間でゆっくりと…ね』



「チャンミン…」



チャンミンと俺は
ミヌが寝ている事を確認し
寝室を後にした



俺はぐっすり眠っているミヌに
心の中で謝った



ごめんなミヌ
今夜はお父さん
独り占めさせてくれ…















俺は久しぶりだというのに
チャンミンを激しく求め
チャンミンはそんな俺に応えるように
何度も何度も俺を愛してくれた







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


がっつりエッチは
入りませんでした
ミヌ君いるしね(笑)


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/10/11(火) 22:02:56|
  2. 恋月
  3. | コメント:0
<<honey * 5 | ホーム | honey * 4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する