ミエナイチカラ

honey * 9

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ



※性的描写がございます
閲覧は自己責任でお願いいたします





「どう チャンミナ?」



どうって…



それ聞く?



僕のコレ…見れば分かるでしょ!



気持ちいいって
ピクピクしてるでしょ



……………それにしても
僕のソコ立派に勃って
良かった良かった……



良かった……



そうじゃなくて!!
何かもうゾワゾワが止まんなくて
出ますよ!!出そうです!!



小さくても 出るよな……



うん 出るよ!!



なんて僕が葛藤している間にも
ユノは僕の可愛らしくも反応するソコと袋と…
その…後ろまで丹念に洗っていた



「ふん♪ふふん♪」



うぉ----!
アンタ本当に楽しそうですね!!
こっちは頭ん中グルグルしてて
もうどうなるかと悩んでんのに!!
くそぉ………




『んぁ!?』



ユノの大きな手が
僕のソコをゆるっと握り
その先っぽ‥を親指の腹で
クリクリと弄りだした



『//////』



洗ってんですか!
遊んでんですか!!
僕は気持ちいいの?
良くないの?



あぁ……もう…もう



もう……



いいか………



僕は諦めに似た気持ちで
ユノに体を任せた



『ふぅ……んっ…ん』



『ユノ…んぅ…』



「チャ‥ンミン…」



僕のその声で
ユノは煽られてきてしまったのか
ユノのモノが僕の目の前で
少しずつ勃ちあがってきた



「チャンミン」



『………』



「どうしよ………」



ユノの目が濡れて
ものすごく色っぽく
僕に訴えかけてくる



「チャンミナがエロっちいから
勃っちゃった……あははは」



あはははじゃねぇです
僕のせいじゃないですよ!
ユノのせいだから!!!



僕は泡だらけの体をピタリと
ユノに擦り寄せて
そのエロい唇に僕の小さな唇で塞いだ



「んふっ…」



深く舌を絡める事は無理だけど
歯列をなぞる事は小さくても出来る



「ふっ…‥」




『ユノ…‥気持ちいい?』



何て聞くまでもなく
ユノは僕の舌を追おうと
その赤い舌をチロっと見せる



僕はユノの勃ち上がったモノを
両手で握ってゆっくりと
上下に動かしてやった




「ふぁ……チャンミン」




ヤバイ!




マジでヤバイ!!




したい




ユノ…‥したいよ









僕はユノを刺激しながら
この先どうすべきか思案した







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



あぁ…変態さん ( ̄▽ ̄;)

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/10/24(月) 22:00:00|
  2. honey
  3. | コメント:0
<<honey * 10 | ホーム | 日々のたわ言 10/23>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する