ミエナイチカラ

honey * 12

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ



※性的描写がございます
閲覧は自己責任にてお願いいたします







ユノの大きな手が
僕のピンと勃ったソレを
余裕で包み込む
一緒にイコうとユノは懸命に
両手を動かすが
右手を動かせば 左手が
左手を動かせばもちろん右手が
おろそかになった
僕達はなかなかイク事が出来ずにいた



『…………………』



「チャンミン………」



「ゴメン……俺下手っぴ」



上手く出来ずに少し涙目に俯くユノ



イケなくて焦れる気持ちよりも
ユノのそんな様子が可愛くて
僕は心もアソコもキュンキュンしてしまう



泣くことないよ
僕でも そんな器用な事 出来ないから
そうユノを慰めて
僕はユノにお願いした
ユノが一人でしてるとこ見せてって



ユノに挿れれないなら
滅多に見れないユノのオナニーを見たい
僕は断然そっちの方がいい




僕が大丈夫
ユノのしてるとこ見せてって
何度も言ってるのに
ユノは何度も 見てるだけじゃ
物足りなくないかと聞いてきた




もしかしてユノ…‥



僕が見てるだけじゃ……



オナニーじゃ 物足りない?



僕が欲しくなってきてる?



何て自信過剰に聞いてみると
ユノは顔を真っ赤にして



俺はいつでもチャンミンとシタいから



お前 いつ元に戻るのかな…って



その言葉は とても嬉しいけど
改まって自分の体を確認した僕は
乾いた笑いしか出てこなかった







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


チャンミンが欲しいの…( ∵)



スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/10/28(金) 22:00:00|
  2. honey
  3. | コメント:0
<<日々のたわ言 10/30 | ホーム | honey * 11>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する