ミエナイチカラ

恋月・52 完

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








side・ Y












今夜は俺とチャンミンの結婚式



式といっても 本当に小さなもので
招待したのも ほんの一握りの
親しい友人達
勿論その中には変装した王様も居た
王様は 沢山の酒とご馳走を持参し
しかも護衛までいるものだから
友人達には どこの金持ちだと聞かれた



まさかこの国の王が
こんな所に居るだなんて
皆 思わないだろう



友人の一人 ヒチョル兄が
王様に肩を組んで 酒を勧めてる
護衛が止めに入ったが
ヒチョル兄に祝いの席に
野暮ったい事すんなよ!と
言ったためか 護衛を含めて
盃に酒を一杯注いで
乾杯を繰り返していた



意外に王様とヒチョル兄
合うのかも…
そう思う位楽しそうだ










宴の最後に
俺とチャンミンは
酔った 友人達の前で
改めて誓いをたてさせられた



口づけも強制させられたが
チャンミンが 側に居た
ミヌを抱えあげ その頬に口づけ
俺もミヌの頬に口づけた




『ユノ…ミヌ……幸せにします』



「チャンミン…」



「お父さん」




チャンミンの優しい
眼差しに俺もミヌも幸せに一杯になる




「チャンミン、ミヌ幸せになろうな」




するとミヌが大きな声で
はぁいと手を挙げた
周りからは いいぞ!と
囃し立てられミヌは恥ずかしがって
俺の後ろに隠れてしまった










チャンミンとミヌ そして俺



今日は家族3人の幸せの記念日になった






















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


遅くなりましたが
更新しますね

これにて恋月完です
ズルズルと延びてしまって
申し訳ないです
また後書きとか書きたいのですが
風邪引きました
ちょっとしんどいので
明日はお休みいたします


よろしければこれからも
お付き合いいただけると
嬉しいですm(__)m





スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/11/02(水) 23:41:33|
  2. 恋月
  3. | コメント:0
<<日々のたわ言 11/6 | ホーム | 恋月・51>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する