ミエナイチカラ

どちらかというと

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








たまに耳にする



お二人を動物に例えるなら



ユノさんは犬で
チャンミンさんは猫ですねって



そう言われれば
そうですねと
俺は笑ってやり過ごすけど



どっちかというと
チャンミンの方が犬だと思う











今だって俺の名前を何度も呼んで
俺に抱きついて離れない



ヨシヨシ…
なんて頭を撫でたら
大きな目をキラキラさせて
尻尾を振って
喜んでいる様にしか見えない



そして俺に向かって唇を突き出し
チューをしろって
ジェスチャーをしてくる



そんな ちょっとした仕草が
犬みたいで可愛いと思ってしまう



俺はそんなチャンミンに
〈待て〉
をさせると
指導すりとフリフリしてた尻尾や耳が
シュ~ンと垂れ下がっていく様でたまらない




全く…




俺は本当に
チャンミンに弱いよな



俺はチャンミンの唇に
自ら唇を重ねた



『ユノ…ユノ…ユノ‥‥』



「ん‥ふっ………あ‥…チャンミ…ン」



『ユノ…ユノ…好き』



「んんっ……あふ………」



おいおい落ち着け!



そんなに待てなかった?



どれたけキスをしていたのか
分からないほどお互い貪って
唇からはどちらのモノか
分からない涎がトロっと溢れ出た
チャンミンはそれをペロと舐めあげた



『ユノ…ユノ……』



『好きです…好き』



分かってる



分かってるから



ちょっと落ち着こうか(笑)

















たまに耳にする



ユノが犬で
僕が猫っぽいって



そうか?



僕はそう思わない



エッチしてる時のユノは
エロくて妖艶で
僕を虜にして離さない



どちらかというと
ユノが猫で 僕が犬だよ



「チャンミ‥ン………」



「もっとぉ……」



「早くぅ‥‥‥」



そう言ってユノは腰をクネらしてくる
その色っぽさ艶っぽさといったら
猫がぴったりだろ



僕は危うくもっていかれそうになってしまう



ちょっと我慢してくださいよ



「あっ…は……‥チャンミン………」




「チャンミン………」



あぁ…こんなに求められたら
どう踏ん張っても無理かも



僕はイキそうなのを
何とか我慢して
ユノの最奥を
ゆっくりと刺激してやった











にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

また投稿せずに寝てました
すみません(T△T)

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/11/16(水) 22:48:50|
  2. SS
  3. | コメント:2
<<honey * 16 | ホーム | 特別なあなた * 4>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/11/17(木) 13:35:17 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

た○こ様

コメント
ありがとうございます(*´-`)
久しぶりです〜♪

ただじゃ触らせないよ(笑)
流石 た○こ様
私 それで妄想出来そうです♪
SなヒョンにMなシム君(*>艸<)
いいわぁ〜でもミンホ


またの お越しお待ちしてます♪
  1. 2016/11/18(金) 12:40:34 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する