ミエナイチカラ

特別なあなた * 14

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ







side Y






スマホ壊しちゃって
チャンミンに連絡取れなくて
スッゴい落ち込んだ



連絡先教えてもらって
浮かれすぎてたかな



はぁ……どうして俺って
こうなんだろ



寝坊して慌てて出たら
ベルトしてなくて
その日1日ズボンが気になって
しょうがなかったり
電車に飛び乗ったら
反対方向のに乗ってたり
横断歩道で立ち往生してた
お婆ちゃんの荷物を持ったら
ピリッとズボンが破れたり



俺って ある意味スゴいのかな…



なんてそんな事
考えてる場合じゃなくて




チャンミン…



チャンミンに
連絡取れないよ



マジで情けない……



なんて色々な事を考え始めると
俺は夜もろくに寝れなくて



朝から自然とカフェに
足が向いていた



カフェに着いてもオープンまで
まだ時間がたっぷりあって
店には人の気配はもちろん無かった



俺は店先に座り込み
チャンミンが来るのを待っていた



こんなにチャンミンが
気になるなんて



こんなにチャンミンに
嫌われたくなくて



こんなにチャンミンを
好きになるなんて
思ってもなかった



チャンミンが来たら
まず 連絡しなくてゴメンって謝ろう
それからスマホを直しに行こう
そう考えてた






俺がカフェに着いて
どのくらいたったのか
チャンミンが来て



俺は壊れたスマホを見せて
連絡しなくてゴメンと謝った
するとチャンミンは
俺の頬にソッと触れて



そんな事…
気にしなくてもいいのにと
俺を抱きしめてきた









にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


進むようで進まない二人

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/12/05(月) 22:46:58|
  2. 特別なあなた
  3. | コメント:0
<<特別なあなた * 15 | ホーム | 日々のたわ言 12/4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する