ミエナイチカラ

特別なあなた * 15

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ









side C








ユノは スマホを壊してしまって
連絡出来なかったと謝ってきた



ユノはヒビの入った画面を
何度もタップして見せて
せっかくチャンミンの番号入れたのに
動いてくれないんだと
そのキレイな瞳を潤ませていた



馬鹿だな…



僕に連絡取れなかったくらい
どうって事ないのに
そんなのいつでもいいのに



普通 こんな所に来るより
先に直しに行くでしょ



それにユノ仕事は?
こんな店の開く時間に
ここに居るなんて
もしかして仕事休んだ?



本当に馬鹿だな‥…



僕は自然とユノの体を引き寄せ
腕の中に抱きしめた



「チャ‥チャンミン!?」



突然の事にユノは
慌てて体を離そうとするけど
僕はユノが逃げないように閉じ込めてやる



『馬鹿ですね…僕の事は
スマホ直してからでもいいのに』



そう言うとユノは
抱かれていることも忘れて
馬鹿じゃないし
せっかく教えてもらったのに
そんなんじゃ嫌だと
口を尖らせてきた



どうしよう



どうしようか



こんな可愛い事言われたら
止められない



もう言うしかないよな



僕は一旦体を離し
ユノと向き合った



『ユノ…‥』



「うん‥」



『僕と‥…‥』



「チャンミンと?」



『僕と付き合ってください』



ガシャ―ン!!



僕の告白にユノは
手にしていたスマホを落とし
スマホはヒビだけでなく
フレームまで歪んでしまった









にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


気付いたらカウンター
7万回ってた(笑)

これも ここに寄ってくださる
皆様のおかげです
ありがとうございます
m(__)m

拙い話ではありますが
これからも よろしくお願いいたします




スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/12/06(火) 22:00:27|
  2. 特別なあなた
  3. | コメント:2
<<特別なあなた * 16 | ホーム | 特別なあなた * 14>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/12/06(火) 22:37:29 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

wi○○○○i様

こんにちは〜
コメントありがとうございます
お体 良くなってきてますか?

焦れったい二人
一気に進みました(笑)
ご希望通り、もうワンステップ
進むのか!?
どうでしょうね〜(  ̄▽ ̄)
ドジッ子ユノちゃんは(←すっかりお気に入り)耐えられるのか(笑)



よろしければ
この後も お付き合いくださいね( ・∇・)




  1. 2016/12/07(水) 00:21:48 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する