ミエナイチカラ

特別なあなた * 25

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ



※ 性的描写がございます
閲覧は自己責任で お願いいたします





side C








僕の目の前で
揺らめいく白い肌が
柔らかなその胸が
僕の愛撫で徐々に赤く染まり
ユノの甘い声が静かな店内に響く



僕は ここが店だということも
初エッチだということも
全てを忘れて行為に耽った



「あぁ………んぅ」



「はっ…あっ…」



「チャンミン……」



僕は何度目かのキスを
ユノの乳首に落とし
ユノのズボンを脱がしにかかった



ユノのソコは既に勃ちあがり
パンツに染みを作っている



それを見て僕の口の中は
唾液で一杯になり
思わず喉をゴクリと鳴らした



僕はユノの勃ったソコを指でなぞり
その大きさや形を十分に楽しんだ



おかげでユノのソコは
パンツから顔を出すほど反り返り
ユノは羞恥に悶え、逃れようと体を捩るが
僕はユノの動きに合わせて
ユノのお尻の割れ目に指を這わす



「やっ……」



やって……
可愛い事言うなぁ



ダメって言われてもね



無理だから



僕はユノが痛くないように
テーブルに出してあった
パンケーキ用のシロップを
自分の指と僕を受け入れる
ユノの後孔にたっぷりとまぶした



辺りにシロップの甘い匂いが漂う
ユノも自分に何を塗られたのか
分かったのだろう
顔を真っ赤にしながら
僕を睨んで変態と言ってきた



別に変態でも構わない



だってユノと繋がれるのだから



そして店内には
ユノの甘い可愛い声と
にちゃにちゃという
粘着質な音が響いた






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


店長 ここ店ですよ!!
変態でゴメンなさい(  ̄▽ ̄)





拍手コメントくださった
あ○○○う様


店長 堪能してます(笑)
堪能し過ぎて変態ちっく(*゚ー゚)
この後も お付き合いくださいね







スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2016/12/19(月) 22:00:00|
  2. 特別なあなた
  3. | コメント:2
<<特別なあなた * 26 | ホーム | 日々のたわ言 12/18>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/12/19(月) 22:14:50 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

wi○○○○i様

コメント
ありがとうございます(*^^*)

店長 暴走気味です(笑)
ユノの裸体(笑)見て止まりません
是非 この店で働いてみませんか(*≧∀≦*)
二人が気になって仕事どころじゃないかも


この後も 覗きにきてくださいね(笑)

  1. 2016/12/20(火) 12:34:12 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する