ミエナイチカラ

特別なあなた * 44

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ










side Y










店を休みにせずに
チャンミンと二人で
出掛けるとしたら



俺が店の定休日に合わせて
会社を休めばいいじゃん!



我ながら名案!
俺って冴えてる!!



そう思って言ってみたのに
チャンミンに速攻断られた



どうして?
それでいいんじゃないか?



有給は全く使ってないから
会社から使えって言われてる程だし
自分で言うのもなんだけど
俺 仕事は出来る方だから
ちょっと詰め込めば
回りに迷惑かけずに休みが取れる



そう説得してもチャンミンは首を
縦に振らなかった



『ユノは僕に店を
休むなと言いましたよね
ユノが仕事を休むのはどうなんですか?』



『僕は…仕事を
休んで欲しくないです』



そう言われてしまえば
俺は反対する事も出来なくて
チャンミンに今の話
無しにしてくれって
誤魔化した



なぁ……



やっぱり一緒に
遊びに行きたいって思ってるの
俺だけなのか



あぁ…



何だかこの話するの
もう嫌だ







俺は自分から遊びに行こうって
言わないと決めた










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


ありゃユノたん
拗ねた(◎-◎;)?
スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/01/17(火) 22:04:29|
  2. 特別なあなた
  3. | コメント:0
<<特別なあなた * 45 | ホーム | 特別なあなた * 43>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する