ミエナイチカラ

特別なあなた * 56

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ












side Y









部屋に戻ろうって言われて



俺の目尻にチャンミンの唇が
チョンって触れてきて
俺は嬉しくて早く二人っきりに
なりたかった



俺達はホテルに戻ると
ボードとブーツ、ウェア
一式を乾燥室に入れて
自分達の部屋に戻ってきた



チャンミンは部屋に戻ると
あろうことか備え付けの冷蔵庫から
ビールを1本取り出してゴクゴクと
旨そうに飲みだしたんだ



えっと…チャンミンさん
何で今 ビール飲めんの?
あの流れから言ったら
二人で ちょっと話して
いい雰囲気になって
キスしてそれから……って
そういうパターンじゃねぇの?



そんな淡い気持ちを抱いていた
俺の思いはチャンミンの
ぷはぁ~旨っ~って言う
満足げな声に打ち砕かれ
部屋の真ん中で呆然と佇む俺を
チャンミンは気にもかけず
アッと言う間に1本空けてしまった
そしてもう1本とばかりに
冷蔵庫に手を伸ばそうとした時
今気付きましたとばかりに
ようやく俺に話しかけてきた



『汗かいたでしょ』



『先に風呂入っててください
僕も直ぐに行きますから』



ホテルには大浴場の他に
個室に露天風呂が付いてる
部屋がいくつかある
ここに着いた時にチャンミンは
露天風呂付きの部屋が取れましたと話してた



うん…
確かに汗はかいた
風呂には入りたい
それが個室専用の露天風呂なら
人目も気にせず ゆっくり入れるし
最高だ…けど



先に入っててください
僕も直ぐに行きますから



直ぐって直ぐ?



別に付き合ってるから
風呂ぐらい一緒に入ってても
平気だけど



僕も直ぐに行きますから



その言葉が俺の頭の中で
変にリピートされて
俺はますます動けなくなった



『ユノ体冷えますよ?
それとも脱がせて欲しい?
それならちょっと待って』



そう言ってチャンミンは
飲むはずだった2本目を冷蔵庫に戻し
俺に近付いてくるから
俺は恥ずかしくなって
脱兎のごとく脱衣場に逃げ込んだ







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


チャンミン意気込みの為の一杯(笑)

逃がさない~
逃がさないよぉ~ (笑)



スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/02/02(木) 22:00:00|
  2. 特別なあなた
  3. | コメント:2
<<特別なあなた * 57 | ホーム | 特別なあなた * 55>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/02/02(木) 22:33:02 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

wi○○○○i様

コメント
ありがとうございます〜♪


そうミンは雄そのもの!
突っ走ってます〜(笑)
対するユノは色々とカワイイの
甘々なの(〃ω〃)←ヤバイ…
返事書いてるだけでニヤけてきます
…悶えます←ヤメレ
エロは突っ走っていいですよね?


これからも お付き合いくださいね〜


  1. 2017/02/03(金) 12:39:28 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する