ミエナイチカラ

特別なあなた * 60

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ










side Y







今からしますってのが
恥ずかしくて
チャンミンが近付いてくる度
逃げちゃったけど



チャンミンに呼ばれて
覚悟を決めたら
首ん所にチュウってされて



チャンミン
止まんなくて
あちこちチュウをしてきた



首から肩 背中と脇と
チュウされただけなのに
俺の息子はピンと反応しちゃって
チャンミンに笑われる



『ふふっ……ユノ
もうこんなに固くして』



『その割りに素直じゃなかったですよね』



そんな事 言わなくてもいいじゃん



チャンミンとシタいに決まってる



この休み中
ずっとチャンミンと居たい



チャンミンを感じていたい



だから意地悪しないで
俺を抱いて欲しい



そう思ってても
言葉には出来なくて
チャンミンはもっと意地悪く
聞いてくる



『あぁ…体 洗うんでしたよね?』



『じゃあ洗いましょうか』



そう言ってチャンミンは
備え付けのボディソープを手に取り
俺に塗りたくりだしたんだ







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


あぁ また変態がニョロリと
顔を出してきたΣ(T▽T;)
皆さん 大丈夫ですか
まだ閲覧注意じゃないですよね←人に聞く(笑)

そして何気に話が終わらない

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/02/08(水) 22:04:46|
  2. 特別なあなた
  3. | コメント:0
<<特別なあなた * 61 | ホーム | 特別なあなた * 59>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する