ミエナイチカラ

特別なあなた * 65

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ










side C












ユノとの旅行の翌日
僕はいつもより早く店に出て
今日の仕込みを始めた



普段なら閉店後に
次の日の仕込みをするけど
昨日は1日ユノと居たからね



開店の時間まで
少しバタバタしてしまったけど
全然 苦ではなく
それどころか
かなり浮かれていたらしく
自分でも気付かないうちに
鼻歌を歌っていた



出勤してきたスタッフが
僕の浮かれ具合を見て
幸せのおすそわけくださいよ~と
お土産を要求される



あっ…ゴメン
すっかり忘れてた



次は必ず買ってくるからと謝ると



ユノさんとラブラブで
お土産どころじゃないんでしょ~
別に期待してませんよ~と
スタッフ全員にケタケタと笑われた



分かってるなら言うなよと返すと
代わりに時給アップしてくださいと
また笑われる



今日1日 こんな感じで
いじられるだろう
でもそんなやり取りも楽く感じる



ユノ今日は大変だよ



きっと皆にいじられるから



ユノが来る時間まで
まだまだ先なのに
僕は待ちきれず
ユノにメールを入れた



今日はユノの好きな
イチゴのパンケーキ作るよって





















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/02/15(水) 22:49:16|
  2. 特別なあなた
  3. | コメント:0
<<特別なあなた * 66 | ホーム | サプライズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する