ミエナイチカラ

特別なあなた * マジですか!

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ











今晩は スタッフのルシアです
毎日 店長とユノさんの
ラブラブっぷりを
目の当たりに働いています



今日はラストまでだったのに
また店長が上がっていいよと
言ってきたの



またイチャイチャするつもりね
まぁ時給変わらず、
早く帰れるなら嬉しいけど…










着替えが終わって
店長に帰りの挨拶をと思ったら



ユノさんを後ろから抱き込んで
おっぱいと…
ユノさんの大事な所を
揉んでる店長の姿が
私の目に飛び込んできたの



ちょーっと何やってんの!



まだ仕事中!!



閉店まで10分はあるでしょーが!!



そうまだ閉店時間じゃないのよ
それなのに 二人 おっ始めちゃってて



しかもユノさん
スッゴい 可愛い声で
アンアン言ってるし!!



確かに二人が居るカウンターは
外から見えにくい位置だけど
鍵かかってないのによくやるわねって……



店の鍵が いつの間にか
かけられてたわ



店長抜かりないわね



って鍵?



あれ鍵かかってる?



何でよ!?
もしかして私がまだ居るって忘れてる?



それともあのエロ店長!
わざと!?
わざとやってんの!?



私がモヤモヤしてるうちにも
二人の営みはどんどん進んでいって
出るに出られない状況の
1歩前まできてたわ



他の子は こんな二人に
遭遇したことないのかしら



二人がラブラブしてると
キャーキャー囃し立ててるけど



誰かに譲るわ



だって



生々しいイヤらしい音まで
してきそうだし……って



そうじゃなくて!
早く逃げなきゃ!!



最後まで付き合う気なんて
更々ないから!



私は意を決して
二人に声をかけたわ



「お疲れ様でーす」



せっせと愛を営んでいた二人は
私の出現に体を重ね合ったまま固まったの



………私の事



忘れてたのね…



回りが見えないほど
好きなのね



私は全く動けない二人に
にこやかな笑顔を作って
挨拶したわ



「お先でーす」



『「おつかれ」』



面白いくらいに
小さな声で返事する二人に
私は わざとらしく
もう一言付けたしたの



「ごゆっくり~」










二人がこの後
続きをしたのかどうか
少しだけ気になったわww

















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


ルシアちゃん再び
私だったら 物陰から観察かな
┃☆∀☆)

このお話一旦お休みします
honeyどうしよう…
自分で忘れてるわ

明日ですが
ちょっと仕事で遅くなりそうです
(その日に帰れるのか……)
お休みするかもしれません
よろしくお願いします

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/02/20(月) 22:00:00|
  2. 特別なあなた
  3. | コメント:2
<<47℃の恋 * 1 | ホーム | 日々のたわ言 2/19>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/02/21(火) 01:48:09 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

wi○○○○i様

コメント
ありがとうございます♪

私も勿論聞き耳たてます( ☆∀☆)
ユノの声が聞きたい(笑)
二人の声聞いてる方がエロいですよね

お気遣いありがとうございます
頑張ります(^◇^)

  1. 2017/02/21(火) 12:47:46 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する