ミエナイチカラ

47℃の恋 * 1

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








「いらっしゃ~い
大人一人400円ね~」



友達のキュヒョンに
連れられてやって来た銭湯
そこのカウンターに
僕達と変わらない年の男が座っていて
人懐っこそうな笑顔で僕達を迎えてくれた



話違わないか?



確かお前可愛い子がいるって
言ってたよな?



僕は隣でお金を出している
キュヒョンを軽く睨むと
キュヒョンは どうかしたかと
首を捻っていた












事の発端は僕のアパートの
水が出なくなった為



凍てつく寒さで
アパートの水道管が破裂した



僕の住んでるアパートは
そんなに古くもないのに
水道管が破裂して漏水したと
管理人さんが一軒一軒に
説明して回っていた



確かに昨夜の冷え込みは
今年一番だった



付近の住宅でも水道修理が
集中しているらしく
アパートの方は
数日かかってしまうという



仕方ないといえば仕方ないが
それにしても水が使えなくて
非常に都合が悪い



食と住が不便なままでは
アパートに居る事も出来ず
僕は修理が終わるまで
キュヒョンの部屋に
転がりこむ事にした



そんな僕にキュヒョンは
いい所見つけたんだ
今晩そこ行かないかと誘ってきた




連れられて来たのは
僕のアパートからも程近い銭湯



キュヒョンの部屋には
ちゃんと風呂が付いているのに
銭湯に行く必要があるのか聞くと



キュヒョンはニヤっと笑い
この間 たまたま入ったら
カウンターに可愛い子が
座っていたという



そういうことなら
断る理由はない



そして浮き足立って入ったのに
カウンターに居たのは
可愛い女の子じゃなく男で
僕達はお互いがっかりして見せた



まぁ 久しぶりに熱い風呂に
浸かるのもいいか



僕はキュヒョンに連れ立って
カウンターの男にお金を払った
お金を受け取った男は
またニコッと笑い



「ごゆっくり~」


と声をかけられる
それに釣られて僕も笑い返し
何故かドキドキしながら
脱衣所に足を踏み入れた







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


ちょっと見切り発車しちゃった(´・ω・`)
イメージは日本の銭湯で
でも番台は分からない人もいるかなと思ってカウンターにしました

応援よろしくお願いいたします♪


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/02/22(水) 23:25:01|
  2. 47℃の恋
  3. | コメント:0
<<47℃の恋 * 2 | ホーム | 特別なあなた * マジですか!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する