ミエナイチカラ

choose * 6

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ







「あぁ…んん」



「あっ…」



突然聞こえてきた
やらしい声



俺じゃなくて
ジョーカーの俺が
チャンミンに抱かれていた



俺はあんな声出さないし!
もっと男らしいし!!



なんて息巻いてても
目の前で始まるセックスに
俺は独り残されて
どんどん悲しくなってくる



セックスしてるのは
チャンミンと俺なんだけど



俺どうしたらいいのかな
チャンミンは俺の事は
抱いてくれないのかな



チャンミン



チャンミン



なぁ…チャンミン



俺を抱いて



同じ俺なのにと思うと
悔しくて…寂しくて
思わずポロリと
涙が流れた



「チャンミンのばか」



するとポン!!という
音とともに赤熊が現れて
アッという間に二人を
ポケットに閉まってしまった



そして 手違いで間違ったカードを
渡してしまいましたと
頭を下げた



これが残ったカードで
貴方のチャンミンですと
チャンミンが現れた



いつもの普通のチャンミンだった



普通って言ったら
おかしいけど見た瞬間に
俺のチャンミンだと思った



「……チャンミン」



チャンミンは俺の涙に気付いて
俺の顔を自分の肩口に寄せて
頭を優しく撫でてくれた



『ユノどうしたの?』



俺はチャンミンの肩に
顔を擦り付けるように
顔を振って何でもないと言った



チャンミンは何も言わない俺に
あえて黙っていてくれる




優しいチャンミン



「チャンミン」



『はい』



「チャンミン」



『はい』



「チャンミン…しよ…」



俺は自分から
チャンミンを誘った







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


あれ?
投稿予約したのにされてない(ToT)

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/03/08(水) 22:48:59|
  2. choose
  3. | コメント:0
<<choose * 7 完 | ホーム | 47℃の恋 * 7>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する