ミエナイチカラ

47℃の恋 * 12

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








ユノとの約束の時間に
40分早く銭湯に着いてしまった



どれだけ期待してんだって
自分で突っ込めるくらいだ



外でそんなに待つのも何だし
僕は休憩所でユノが来るのを待つ事にした
店番の女性に中に入らないの?と
声をかけられたけど
ユノを待ってますと話した
女性は ニコリと笑うと
今日は雑誌新しいの
入れてあるわよと教えてくれた



休憩所のマガジンラックには
今日発売のマンガ雑誌や
テレビガイド、週刊誌等が
綺麗に並べられていた



僕はラックから週刊誌を手に取り
パラパラと捲りたまたま
本当にたまたまグラビアアイドルの
水着姿の頁で手を止めた時に
不意に後ろから声をかけられた



「ふ~ん チャンミンって
こんな感じの娘が好きなんだ」



『!?』



慌てて冊子を閉じ振り向けば
そこには約束の時間には
まだあるというのにユノが立っていた



そして僕の顔と手元の週刊誌を
交互に見るとボソっと呟いた



「その娘 おっぱい おっきいね…」



『………』



確かに 胸の大きな人は
好きだけど



こんな紙の中の女の子より
今の僕には気になって仕方ない人が…
貴方がいますから



そう言ったつもりだったのに
何を間違ったか
僕は思ったことを素直に
口に出していた



『こんな娘より
ユノのおっぱいの方が気になります』



「/////」



僕の発言に
ユノは服の上から胸を隠すと
ジリジリと後退りして
僕から逃げるように
脱衣所に向かって行った



あれ?
一緒に風呂に入るんじゃ…



僕はユノの後を追って
脱衣所に向かった










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


あ…れ
またチャンミン変態チックに( ´△`)


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/03/16(木) 22:00:00|
  2. 47℃の恋
  3. | コメント:0
<<47℃の恋 * 13 | ホーム | 47℃の恋 * 11>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する