ミエナイチカラ

47℃の恋 * 21

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ









僕と付き合うようになっても
ユノの銭湯に行く回数は減らなかった
今までと同じように銭湯に通っていた
だからといって風呂に
入っているわけじゃなかった



僕と初めて会った時みたいに
ユノは銭湯のカウンターに座っているのだ



僕はユノに他人に
ユノの裸を見せたくないから
銭湯に行くのを止めて欲しいとお願いした
僕の付けたキスマークを
他人に見られても平気なのかと聞いてみた
ユノは自分の体に付けられた赤い痣を見て
別に平気だと言ってきたので
僕は苛ついて わざと内腿や尻に
噛みついたような跡を残してやった



これには流石にユノも
他人に見られたくないと言いだし
銭湯を諦めるかとほくそ笑んだのに
風呂には入らないけど
銭湯のお母さんにお願いして
カウンターに座らせてもらっていた



何でそんなに銭湯に来たいんだ聞くと
風呂上がりのお客さんが幸せそうに
笑っているのを見るのが嬉しいと笑う



それに ここで店番してたおかげで
僕に会えたからと
にゃははと照れて見せた
それには思わずユノにつられて
僕も照れてしまった



確かに僕が銭湯に来なきゃ
ユノに会うこともなかった
それに関しては連れて来てくれた
キュヒョンに感謝し
今度 メシでも奢るかと思った



そういやアイツ
最初は銭湯に可愛い子が居るって
僕を誘ったよな
あの時はカウンターにユノが居て
可愛い子なんて居ないって責めたけど
今 思うと こんな美人が居たんだ
思い返すと自然と頬が弛むが



『…………』



ふと何が僕の中で何かが引っ掛かった
僕が銭湯に来た当初
ユノと仲が良かったのはキュヒョンだ
まぁ先に銭湯に通っていたのは
キュヒョンだったから
ユノと話をする機会が多くて
当たり前なんだけど



もしかして キュヒョンも
ユノを狙っていたのかな…
僕はどんどんモヤモヤしてきた
ちょうどその時ユノの口から
その名前を聞かされた



「キュヒョンに感謝しなきゃなぁ~」



『?』



「俺…キュヒョンに頼んで
チャンミン連れて来てもらったんだ」



頼んだ?



どういう事?



それも気になったけど
やっぱりユノとキュヒョンが
知り合いだったって事が
僕の心を益々暗くさせていった









にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


今日はJRのチケットを取りに行って来ました~
TIIL2参戦1ヶ月前です(*´ω`*)♪


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/03/29(水) 22:00:00|
  2. 47℃の恋
  3. | コメント:2
<<花換 | ホーム | 47℃の恋 * 20>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/03/30(木) 11:23:51 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ま○ちゃん様

コメント
ありがとうございます
前にもコメントいただいてますよ〜
(*´ω`*)
最初の頃から 寄っていただいてるなんて
とても嬉しいです♪
男前シム に エロ可愛ユノ(笑)
最高です!!ビバ ミンホですよね♪

これから横アリなんですね
私はガイシなんです
オフ会やライブで
お会い出来るといいですね〜(*´-`)
横アリ 楽しんで来てくださいね〜♪

  1. 2017/03/30(木) 12:38:22 |
  2. URL |
  3. #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する