ミエナイチカラ

花守り * 16

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








テミンside









久しぶりに会ったチャンミニヒョンが
ほんの僅かだけど その力を減らしていた
どうしたのかと聞いてみたら
少しだけ人に預けてきたと言った




びっくりした




天上界でも堅物で有名な
チャンミニヒョンが
人に力を分け与えるなんて
よっぽどその人間に
ご執心なんだと思った




チャンミニヒョンは何かと
その人間の事を気にしていたから
気になるなら僕みたいに
会いに行けばって言ってみた
そうしたら 堅物らしく
持ち場を離れる事は出来ないって言う




自分がどんな顔をしてるのか
分かってんのかね




ヒョンが自分から動かないなら
僕がその人間に会いに行けば
ヒョンは僕を追ってくるだろう
(実は その人間を見たいって
気持ちがあるんだけど)




僕は自分の持ち場をオニュに頼み
チャンミニヒョンが力を分け与えた
人間の元に向かった










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/05/01(月) 23:30:42|
  2. 花守り
  3. | コメント:0
<<特別なあなた 連休編 | ホーム | 日々のたわ言 4/30>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する