ミエナイチカラ

花守り * 24

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ









チャンミン side







俺を一緒に連れてって






も‥勿論



勿論です



ユノが首を横に振っても
一緒にいたいと思っていただけに
予想外の返事に僕の方が呆けてしまう



腕に抱いていたユノが
僅かに体を離したかと思うと
ユノの方からギュッと抱き返してきて
ユノの柔らかな唇が僕のそれに重なった



ユノ…ユノ



僕はユノの舌を絡めとり
より深く口付けた



「んふっ…ぅ」



激しくユノを求めれば
ユノの甘い声が漏れだして
僕の心を僕の血を刺激する



「チャンミ…ン‥」



もっと



もっといい?



僕は角度を変えて
ユノを求めようとすると
ユノがちょっとと僕を止めた



「チャンミン…ここでは……その…
ちょっと‥桜が…」



ユノのに言われて
僕はやっと気付いた



僕達の回りで 桜達や他の花達まで
キャーキャー言っていた



ええぃ 五月蝿い!
今 いい所なんだぞ!!



僕が桜達をキッと睨むと
ユノは照れながら
ここじゃなんだから
俺の家に行こうと誘ってくれた



ユノ…本当にいいんだね



僕の問いに答えるように
ユノは僕の手を引くと
桜並木を後にした






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



五月蝿いですよ ( ´・J・`)

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/05/14(日) 23:03:26|
  2. 花守り
  3. | コメント:0
<<花守り * 25 | ホーム | 日々のたわ言 5/14>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する