ミエナイチカラ

花守り * 26

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ






チャンミン side









ユノはタイミングよく家族が
不在だと思ったようだけど
本当の所 ユノの家族は全員いた



ユノに気付かれないように
(気付かないだろうけど)
僕がちょっと力を使って
ユノの家に空間を作った
というか歪ませた



普段こんな風に力は使わないが
今日位はいいだろう



僕はユノの部屋に通され
ユノは何か飲み物でも
持ってくると言ったので
僕はそれより側にいてと頼んだ



僕がユノに近付くと
ユノはさりげなく
僕と距離を取るから
ユノが逃げないように
はっぱをかけた



『僕が怖い?』



ユノは違うと答えると
消え入りそうな程小さな声で



「その…するんだよね」



「俺…初めてだから…‥優しくして…欲しい」




ふふふっ



ユノ抱かれる方でいいんだ



まぁ 抱きたいと言われても
そこは譲らないけど



ユノのあまりの可愛さに
気持ちが抑えられなくて
俺はユノをベッドに押し倒した





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



イキそうでイカない
安定のヘタレっぷり(T△T)

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/05/16(火) 12:33:24|
  2. 花守り
  3. | コメント:0
<<花守り * 27 | ホーム | 花守り * 25>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する