ミエナイチカラ

二人の修行 * 1

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








花守り続編です







ユノ side






チャンミンと俺は
王母様にお役目を頂いて
地上に降りる事になった


降りる前に 王母様が
俺達の為に宴を用意してくださって
そこで俺は天上界の皆さんに
チャンミンの伴侶だと紹介され
とっても とっても幸せだった


だった…って
何で過去形かって?


幸せなのは
変わらないんだけどさ
宴の最後にレラさんが
俺に言ったんだ


レ「いいかユノ 俺達仙人は
伴侶との体の相性によっても
力の増減があるんだ」


ユ「はぁ」


体の相性って
やっぱりアレですか?と
素直に聞いてみると
レラさんはあったり前だと
俺の背中をバシバシ叩いた


そしてレラさんはおもむろに
1冊の古びた本を差し出し


レ「いいかユノ?
この本に書かれている事を
必ずチャンミンに実行しろ!」


レ「そうしたら チャンミンも
お前も今以上に力を得られるぞ!」
って言ってきた


その本をパラパラと捲ってみると
そこには 男女が裸で色んな形で
抱き合う姿が描かれていた


ユ「///////」


ちょっ これって エロ本!?
天界にもエロ本ってあるの?って聞くと
これは大事な指南書だって
レラさんが教えてくれた


そしてそこに書かれてること
絶対にマスターしろよと言い
レラさんは これは俺からのおまけだと
薄紅色の液体の入った小瓶をくれた


これは?って聞くと
それをチャンミンのアレと
俺のアレやアソコに
たっぷり塗ったらいいって……


ユ「///////// 」


もしかして もしかしなくても
小瓶の中身は潤滑ゼリーだった




********




そして今 俺はベットの上で
チャンミンが風呂から上がってくるのを
待ってるんだけど
(エッチする為にね)


このレラさんから渡された本を見て
勉強中なわけで


ユ「はぁ……」


ユ「出来るのかなこんな事……」


俺はチャンミンの為に色々と
してあげたい気持ちもあるけど
それよりも逃げ出したい気持ちの方が
大きくなっていたんだ






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

えっちえっちえっち( ☆∀☆)✨

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/06/10(土) 23:40:06|
  2. 花守り
  3. | コメント:0
<<日々のたわ言 6/11 | ホーム | 今日は何の日?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する