ミエナイチカラ

二人の修行 * 2

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ






チャンミン side









ユノの様子がおかしい
というか可愛い


ユノの手を取ろうとすると
ひどく驚いき
手を引っ込めてしまうし


ユノをこの腕に抱こうとすると
腕に抱く前に逃げてしまうし


何とか捕まえて抱きしめると
腕の中でカチコチに固まるし


僕の事を妙に意識していた


天界から戻る時に
レラヒョンに何やら言われていたのは
知ってはいたけど


このユノの様子からいうと
おそらく……









風呂から上がり
ユノの待つ寝室におもむくと
ユノはベットの上で古い本を手に
ブツブツ言っていた


ユノはその本に集中していて
部屋に入ってきた僕に
全く気付いていない


そんなユノの後ろから
そっとその手元を覗き込むと
僕の予想通り


天界の指南書
房中術について書かれた物を
ユノは必死に読んでいた


レラヒョン…
何をユノに吹き込んでんだか


そんな本など
僕とユノには関係ないのに


レラヒョンの余計な世話に
多少の苛立ちを感じながらも
僕に全く気付かないほど
ユノが 勉強しているなら
それに付き合うのも悪くないかなと
思う自分もいた


ちょっと意地悪してみようか


僕は後ろからユノを抱き込み
その肩に顎をのせるようにして囁いた


『ユノ…それ試してみる?』


「チャ… チャンミン!!」


ユノは見る見る 顔を赤くして
しないから!!と暴れ出した


そんな様子もすごく可愛いくて
僕は益々 意地悪したくなった








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


ここで書いてる房中術は
なんちゃってなので
突っ込み所もあると思いますが
何卒 あたたかい目でみてくださいね
よろしくお願いいたします
分からない方はググってね


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/06/12(月) 22:09:05|
  2. 花守り
  3. | コメント:0
<<かまって | ホーム | 日々のたわ言 6/11>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する