ミエナイチカラ

二人の修行 * 5

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ




※性的描写がございます
(ちょっと変態寄り)
閲覧は自己責任にて
お願いいたします






チャンミン side








僕の言う事を素直に聞いて
必死に耐えるユノが
本当に可愛くてたまらなかった


精を漏らしちゃ駄目だよって教えても
ユノの勃ちあがったソコからは
絶えることなくトロトロと
蜜が溢れてきた
だから可哀想だけど
ソコの根元を紐で
キュッと縛ってやった


そんな事をしても
ユノのソコは蜜を溢し続け
僕は舌を這わして
その蜜をジュルジュルと
舐めとってやる


ユノは嫌だ止めてと言うけれど
ここまできて 止めるなんて勿体ない
もうちょっとだけ頑張ってと
頬にキスを落とすと
ユノはそれすらも感じて
体を振るわす


ふふっ…


本当に可愛い


これだけでこんなに可愛いなら
ここから先はどうなるんだろうね


僕はユノがレラヒョンから貰った
小瓶を手に取ると
中のゼリーをトロリと手にたらし
両手でそれを温めてから
ユノのお尻のその奥に
たっぷりと塗りこんだ


ユノのお尻が僕の指の動きに合わせて
ビクビクと動き出す


僕は蕩けてきたユノの蜜道に
僕の猛ったイチモツを差し込んだ











にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/06/16(金) 22:31:57|
  2. 花守り
  3. | コメント:0
<<長風呂 | ホーム | 二人の修行 * 4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する