ミエナイチカラ

そらごと * 14

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ







ユノさん sideです








うちの事務所は
土日にしか来れない人の為に
週末も交代で対応している


俺は先週末を担当し
その分の休みを取る予定だったが


少し気になる件があって
朝だけ事務所に顔を出そうと
Tシャツにデニムという
ラフな格好で家を出た


事務所に着いたらきっと
ここに来るなら
もっとちゃんとした格好で
来てくださいって
事務兼受付の二人に
叱られるかもしれないけれど


休みの日まで
堅苦しい格好したくなかったし
ほんのちょっと寄るだけだから
いいだろうと思った


そしていつも通りの電車に乗った


電車は相変わらず
ぎゅうぎゅうな状態
俺は辟易しながらも
目的の駅に着くのをひたすら待っていた


その混雑する電車の中
ふと目線をズラすと
同じ車輛の奥の扉の方に
俺と同じ位の身長の
ちょっといい感じの男が
俺と同じように この満員電車に
疲れたような顔をして立っているのが
目に入った


朝から そんな不機嫌な顔して
いい男が台無しだなぁ…って
思いながら何気にそちらを見ていると


その男の前にいた女が
急にチラチラと
辺りを気にしだした


何だ?


その妙な動きに しばらく
そちらを注視してると
女は 少し離れた所に立っていた
ちょっとガラの悪そうな男に
目配せをし出した


もしかして…


そう思った時には
俺の体は動いていて
ぼーと立っていた
彼の姿を携帯に収め
人をかき分け
彼の近くまで寄っていた


「キャー 痴漢!」


予感的中……


何も知らない彼を痴漢に仕立てて
女とその仲間が
金を要求しようとしていると思った


女は彼の事を痴漢と騒ぎ立て
辺りが騒然としだす


痴漢にしたてられた彼は
一体何の事だと反論した


それもそうだ
彼は何もしていない
何もしていないのに
罪を着せられそうに
なっているのだから


俺は女の仲間が出て来る前に
彼の手を取り 女と共に電車を降りた


大丈夫 悪いようにしないから


そう彼に告げると
不安げだった彼の目が
すがるように俺を見ていた



















なんとユノさん
偶然写真を撮った訳でなかった
(@_@;)




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/07/13(木) 22:00:00|
  2. そらごと
  3. | コメント:2
<<そらごと * 15 | ホーム | そらごと * 13>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/07/13(木) 22:19:27 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

wi○○○○i様

そう 最初から
目をつけてましたwww
もしかしてユノの方が上手なのか?
でもミンホですから〜(。-∀-)

また遊びに来てくださいね♪
  1. 2017/07/14(金) 12:37:51 |
  2. URL |
  3. #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する