ミエナイチカラ

そらごと * 18

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ









2ヶ月程たった頃
少し仕事が落ち着いた俺は
久しぶりに早く仕事を終えた


それでも定時から30分は
延長したけど
毎日20~21時を越えてた事を考えれば
早い方だ


飯はどこかで食って
ゆっくり 風呂にでもつかるかと
考えてながら 事務所を後にした








電車は朝ほどの
混み具合ではないものの
結構混んでて
こんな事なら もう1つ書類
片付けてから帰れば良かったと
うんざりしてると


この混んだ車内に頭1つ出た
チャンミン君を見つけた


チャンミン君
帰りはこのくらいの電車なんだ


気付いたのは俺だけで
チャンミン君は窓の外を見てて
俺には気付いていないようだった


連絡が来ないから
ちょっと忘れてたけど


チャンミン君の顔を見ると
やっぱり 心が弾んだ






向こうが来ないなら
自分から動けばいい


俺はチャンミン君に声をかけようと
混んだ車内を 頭を下げながら進んだ


久しぶり元気?


最近どう?忙しい?


今夜空いてる?


流石に 誰?なんて
言われないだろうけど


また弁護士さんって
言われそう


とか色々考えてた


あと 一人二人かき分けて
チャンミン君の肩に
手をかようとしたら


チャンミン君の後ろに
ピッタリとくっついて
俺の行く手を遮ってる奴がいた


いくら混んでるといっても
その近さに 違和感を感じた


まさかな…


俺は視線を
二人の腰の辺りに
移動させてみると


あろう事か


そいつはチャンミン君の
お尻を揉んでいた


気付けば俺は
チャンミン君とそいつの間に
割って入り声を荒らげていた







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

揉んで欲しいのはユノのお尻…(´・ω・`)


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/07/20(木) 22:00:00|
  2. そらごと
  3. | コメント:0
<<欲のつよさ | ホーム | そらごと * 17>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する