ミエナイチカラ

そらごと * 23

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








泥酔とまではいかないけれど
足取りがおぼつかない
ユノさんを連れて歩くのは
結構 しんどくて
僕はタクシーを拾った


ユノさんを座席に押し込んだ時に
運転手に大丈夫かと聞かれたが
ユノさんはいたって大人しく
気持ちが悪くなって
吐く事もなかったので
スムーズに事が運んだ


タクシーを降り
僕はユノさんから
少しずつ情報を聞き出して
ユノさんのマンションに着いた


ユノさんの部屋は
5階建てマンションの
2階の角部屋


2階なら階段を使っても
良かったのだけど
何せユノさんが僕に
体を預けているから
エレベーターを使わせてもらった


『ユノさん 部屋に着きますよ』


「んん~」


電話番号だけじゃなく
ユノさんの家まで
知る事が出来るなんて
思ってもいなかった


エレベーターは直ぐに2階に着き
僕はユノさんとともに
この階の一番奥の部屋に向かうと


その一番奥の部屋
ユノさんの部屋の前に
キャップを目深に被った
男が立っていた


男はユノさんの部屋を
ジッと凝視していたが
僕達に気付くと
キャップの鍔で顔をさらに隠して
僕達の横をすり抜けていった


『………何だ?』


男のその様子に
嫌な感じを受けながらも
僕はユノさんから部屋の鍵を預り
中に入った





ライブビューイング楽しかったです
ユノの登場に涙目になりながらも
可愛いって思う~(*´ω`*)


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/07/28(金) 23:01:33|
  2. そらごと
  3. | コメント:0
<<日々のたわ言 7/30 | ホーム | そらごと * 22>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する