ミエナイチカラ

そらごと * 27

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








いったい誰なんだろう……


僕は男に気付かれないように
物陰に隠れ その様子を窺った


男はキャップで顔はよく見えないが
中肉中背 年は僕くらいか
パーカーにデニムパンツ
少し薄汚れたスニーカーという出で立ちで
両手はパーカーのポケットに突っ込み
先程から微動すらせず
ずっと事務所を見ている


その様子から
どう見ても ここの弁護士事務所に
相談や依頼に来た感じではなかった
どちらかというとその眼差しには
ただならぬ雰囲気が漂っていた


嫌な予感がする…


男が1歩 事務所に向かって
足を踏み出した時


僕は咄嗟に 携帯を取りだし
大きな声で話を始め
わざと男の方に向かって行った


『もしもし~○○さん?
明日の予定なんですがね……』


僕の声に気付いた男は足を止め
僕に視線を向けると
不意にその口元を
いやらしげに歪めた


そして男は事務所から
僕の方に向きを代え
こちらに向かって歩きだした


ヤバイ


ヤバくないか……


僕の頭の中で
ガンガンと警鐘が鳴り響き


ここから早く離れないとと
そう思った時には
男は僕の右前 1mにまで近付いていて
僕は逃げる隙を失っていた


嫌な汗がタラッと
背中を伝わっていく


男は僕の直ぐ横で足を止め
小さな声で呟いた


「………アンタでもいいか」


ヤバイ!!!


男はパーカーから刃渡り5㎝程の
ペーパーナイフを取り出すと
僕に向かって突き付けてきた


僕はナイフを避ける余裕もなく
それを右の前腕に受けてしまった












にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/08/03(木) 22:23:33|
  2. そらごと
  3. | コメント:0
<<そらごと * 28 | ホーム | そらごと * 26>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する