ミエナイチカラ

そらごと * 29

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








ユノsideです







ストーカーは
何度も事務所や
自宅に電話を寄越し
何時も俺をつけ回した


今の所 そう深刻な被害には
合ってはいなかったから
警察も動かない事は
重々承知していた


だから俺も含め事務所の人間は
必ず二人以上で行動していた


今日も男が事務所の近くで
こちらの様子を窺っていたのは
事務所の窓からも見えた


万が一を考えて
事務所の人間 5人のうち
3人が揃って帰り
残るはイトゥクヒョンと俺の2人


イトゥクヒョンが
男の様子を確認しようと
窓から外を窺うと
何を見たのか 俺に向かって
マズイぞ!!と叫んだ


その言葉に
俺はイトゥクヒョンと並び
窓の外を見た


そこには
一番有って欲しくない状況が


チャンミン君が


ストーカーと対峙していたんだ


「チャンミン君!!」


奴はチャンミン君も
ターゲットに入れると言っていた


だから 俺はチャンミン君と
距離をおこうとしていたのに







俺は無我夢中で
チャンミン君の元へと急いだ


チャンミン君!!


駄目だ!


そいつに関わってはいけない!








事務所から
チャンミン君のいる所まで
ほんの1分もかからないはずなのに
俺が着いた時には
もう手遅れで


チャンミン君は腕を刺され
その上着は赤く滲みだしていた








俺はストーカーから
チャンミン君を守れなかった











にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


明日は朝早くに お墓掃除に行きますー
体調が心配だわ…( ; ゜Д゜)
もしかしたら たわ言 お休みするかもです

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/08/05(土) 22:07:04|
  2. そらごと
  3. | コメント:0
<<そらごと * 30 | ホーム | そらごと * 28>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する