ミエナイチカラ

制服の行方 * 12

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。



※パラレルです
性的描写がございます
閲覧は自己責任にて
お願いいたします










ユノside






俺は 何回 イッて


店長は何回
俺の中でイッたかな








ようやく店長のモノが
ズルリと俺の中から抜け出ると
それと同時に孔から
ドロリと粘着質な
店長の出した精液が溢れ出た


尻を伝って太股まで垂れ流れる
その感触に俺は眉間を寄せる


「マジ………」


そこに手をやると
本当にグチョグチョで
ちょっとでも体を動かせば
まだまだ中から出てきそうで
俺は床に座りこんだまま動けなかった


こんなにドロドロで
グチョグチョで
これからどうしよう…


早く流したいけど
店にシャワーなんて無いし
かと言ってこのまま
服なんて着れないし…


あまりの事に呆然とする俺に
いつの間にか店長が
お湯をはった洗面器と
店で使っている おしぼりを
大量に持って現れた


『ゴメンね あんまりにも
君が可愛いものだから 止まらなかった』


そう言うと店長は
ドロドロに汚れた俺の体を
丁寧に拭きだし
俺はされるがままに
その様子を見ていた


店長のキレイな
長い指


この指が
俺の中で動いて
そして店長の大きなモノか
俺の中をかき回して……


あんなに いっぱい
イッたのに


店長の指を見てるだけで
俺のちんこは
むくむくと力をもっていった










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


Σ( ̄ロ ̄lll)気付いたら…寝落ちしてた

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2017/09/07(木) 23:55:31|
  2. 制服の行方
  3. | コメント:0
<<そらごと * 42 | ホーム | そらごと * 41>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する