ミエナイチカラ

funny・18

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ







食事も終えて ベッドの上でユノとしばらくゆったりとした時間を過ごす
僕は本を読み始め ユノは僕の背中に体をもたれ掛かけて
スマホでゲームをやり始めた
ユノは何かの拍子にヒャ!とかキャッ!とか声を出すので
その度に僕は カワイイと思ってしまう


そのうち僕に掛かる重さが増してきたのと
静かになってきたので ユノが寝始めたのが分かった


このまま寝かせるかな?と思ったけど
今着ている服よりゆったりとした服を着せてやりたくて
僕はそっと体をずらし ユノを横たえる
ユノはその振動で 瞼を重そうに上げて僕を見つめる


「チャンミン……」


『ごめんなさい…起こしてしまいましたね
休んでいてください 今 パジャマか何か持ってきます』


僕はユノの頭を優しく撫でる
ユノは気持ち良さそうに微笑んで 又眠りについた


僕はマネヒョンが持って来てくれた服の中から
スウェット生地の ゆったりした上下をチョイスして戻る


ユノはもう ぐっすり眠ってしまっていて
起こしてしまうのが忍びない…


服がシワになるから しょうがないですよね
僕はそっとユノの肩に触れる


『ユノ…着替えて…』


「う…ん……」


ユノは返事を返すものの 全く動かない
やっぱり無理かな……
諦めようとした時ユノが眠そうな声で


「チャン…ミン…きがえ…させてぇ…」


『ええ いいですよ』


そう言うとユノは又眠りに落ちていく


えっ?


ユノ!!


起きててくださいよ!?







短くてスミマセンm(__)m



ちょっとライブビューイングの感想を
ユノが居ないんだなぁ……と実感
そしてチャンミンも20代最後のライブ…
チャンミンとギュのイチゴは大丈夫でしたが
STLからは涙腺がゆるくなって 残りの曲も涙でした
終わってしまったら寂しくて
毎年日本でライブしてくれる 有り難さを実感しました
ユノ チャンミン 本当にありがとうm(__)m
二人とも元気で!
待ってるから~(*^^*)



1つ お知らせです
このような拙いお話にお付き合いいただいて
本当にありがとうございますm(__)m
皆様のおかげで カウンターが1万回りそうです
そこでお礼といっては申し訳ないのですが
1万を踏んで頂いた方のリクエストを受けたいと思います
踏まれた方は よろしければ コメント入れて頂けると嬉しいです
スルーしてもOKです(^_^)

自分で踏みそうな気がしますが……(×_×)


※カウンターはスマホ版には設置しておりません
面倒をおかけしますがスマホ版のmenuからPC版に
切り替えていただけると左側に設置してあります







応援宜しくお願いいたします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/07/27(月) 21:10:32|
  2. funny
  3. | コメント:0
<<funny・19 | ホーム | SMT>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する