ミエナイチカラ

ごちそうさまです

管理人の妄想(フィクション)です。
実在する人物と本文に登場する人物は
関わりはございません。
腐要素が含まれている事があります。
ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホです。


続きを読むからどうぞ

今日は
比較的 早く終わることが出来て
スタッフが用意してくれた車に
僕は上機嫌で乗り込む。



隣に座ったユノを見ると
少し疲れた様子だけども、
ユノも嬉しそうな顔をしてる。



「ユノ…お疲れ様
今日は少しゆっくり出来るね」




「ん~本当だなぁ~
今日はスゴい順調だったなぁ~」



ふんわりと優しい眼でユノが答える。



「ですよね~だって
僕頑張りましたから~」



なんておどけて言ったら




「本当だな~チャンミンが
頑張ってくれたお陰だな~」




「ありがとチャンミン~」




なんて言ってくる。
僕の耳が真っ赤になってるのは
当たり前じゃねぇ~ですか!!




「じゃぁ ご褒美くれますか?」



特に何かして欲しいわけではないけれど
僕は照れ隠しに おねだりしてみる。




ふふっっとユノは笑って




「じゃあ頑張ったチャンミン先生に
俺からご褒美な…」




そう言ってユノの手が僕の太ももにかかり
ユノの顔がぼくに近付いて来る…





えっ!? ご褒美って!!
まさか!!!
期待していいんですか?




僕の耳は更に赤く!!!




その真っ赤になっているであろう
僕の耳に息がかかる位ユノが近付いてきて




「久しぶりに…」
久しぶりに!?




「二人だけで…」
二人だけで!?




うわぁ!!!!!
何ですか!!!!!
もったいぶらずに言ってくださいよ!!!!!




「二人だけで、ラーメン食べに行くか?」




そりゃもう ものすごい満面の笑顔で…
素敵な お誘い ありがとうございます………





チャンミン食べ過ぎなのぅ(∵*)










二人だけで食べに行く事は
無理ですけど……
それより
勇気のない管理人でスミマセン

頭の中はエロいってんですが…








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/05/12(火) 22:00:00|
  2. 僕のヒョン
  3. | コメント:0
<<美人なんで | ホーム | 谷間>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する