ミエナイチカラ

funny・23

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ






「えぇ~なんだよ~チャンミン 一人だけ風呂に入ったのか~」


僕に抱っこされていたユノが
僕の濡れた髪やボディソープの香りに気付き
急に文句を言い始める
ちょっと気付くの遅くないですか?


『言っておきますけど 昨日ユノが一緒にいてくれって言うから
入れなかったんですよ それに湯船には浸かってません シャワーだけです』


「入った事にかわりないだろ~俺も入りたい~」


ユノは僕の胸元に鼻先を押し付けて
フンフンと匂いを嗅いでくる


『入ればいいじゃないですか
その間に朝食用意しておきますから』


ユノは抱っこされたまま 体を大きく揺するので
僕はたまらずユノを降ろした


「チャンミンのケチ~」


何がケチです?
ただ入ればって言ってるだけですけど


『入るなら入って ユノいつも長いでしょ』


僕はユノの背中を押して促す
ユノはそれに反抗して 動かないよう踏ん張っている


何やってんですか?
お風呂入りたいんでしょ?


僕はもう一度ユノを 促す


『ユノ入らないんですか?』


「入りたい……」


ユノはぷーっと頬を膨らませて拗ねてみせる
何か拗ねることありましたか?
僕はユノの頭を撫でながら もう一度促してみる


『入りたいじゃなくて 入るでしょ!?』


そう言うとユノは僕に抱き付いてきて


「チャンミンと入りたい!!」


はっ!?


思わぬユノの言葉に僕は固まってしまう


貴方 昨日からとんでもない事ばかり言ってますよ


『嫌です!!』


僕はキッパリと断る


「何で嫌なんだよ~~」


ユノはその小さな体を
目一杯背伸びして僕を見上げてくる


『嫌なものは 嫌なんです!
それに僕はさっき入りました!』


貴方 自分が女の子だって分かってて言ってるでしょ!?


「そんなの気にするなよ~俺は俺だろ!」


『そんな事って何です? 僕は一緒に入れません』


僕もユノに負けじと言い返す
ユノは抱きついていた体を離して
僕のハーフパンツを引っ張り始める


「チャンミン~入ろうよ~
もしかしたらチンコ生えてるかもしれないからさ~」


何か言いました?


『貴方 可愛い顔して チンコって言いましたね……』


僕はユノの頬をつねる
ユノは顔を振って僕の手から逃れようとするので
逃げられないように もう一方の頬もつねってやる


「ヒャンミン いひゃい~~」


『離して欲しいなら 一人で入りなさい!』


ユノはそれでも諦められないのか
ウンと首を縦に振らない


『可愛い顔が腫れますよ?』


「ひゃあ ヒャンミンがはなせよ…」


強情ですね…











パンツの次がチ○コか……(´д`|||)





応援 宜しくお願いいたします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/08/01(土) 21:00:00|
  2. funny
  3. | コメント:2
<<目白押し | ホーム | funny・22>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/08/02(日) 00:18:03 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

た◯こ様

コメントありがとうございますm(__)m
こちらでは始めてですね(*^^*)

この怒濤の攻撃に耐えれません……
ツラいですね〜でも買っちゃうんですよ

funnyのユノ グイグイきてますね〜
うふふふチャンミン耐えれるのかしら( ☆∀☆)

宜しければこの後もお付きあいくださいねm(__)m
  1. 2015/08/02(日) 19:48:50 |
  2. URL |
  3. kazuki #eSiykx.6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する