ミエナイチカラ

funny・26

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ







「チャンミン 顔まで真っ赤だぞ!」


僕に構わないで欲しいのに
ユノは僕の脚にまとわりつきながら話しかけてくる


「どうしたの?チャンミン」


『どうもしてないです!
それより早くシャワー使ってください』


僕は早くバスルームから出ようと
ドアを開き外に出ようと足を踏み出す
そこへユノが僕の前にちょこちょこっと回ってきて
僕の顔をじっと見上げてくる


「チャンミン 照れてんの?」


はっ!? 何 馬鹿な事言ってるんです


「照れてなんかないです!
ユノこそ 裸のままで恥ずかしくないんですか?」


「俺?」


そう言ってユノは自分の体をマジマジと見ている
その様子を見てしまった 僕の方が恥ずかしくてしょうがない
一通り自分の体を眺めたユノは小首を傾げて


「別に恥ずかしくないけど?」


そりゃあユノ自身の体ですからね…


『僕に……見られても?』


「うん 平気だけど~」


「だってチャンミンと もっとスゴい事してるじゃん!」


そう言ってユノはキャッキャッと笑う


何 言ってますかね
それとこれは別じゃないですか!
僕は 何か言い返そうと思ったけれど
ますます顔が赤くなっているような気がして
言葉が出て来なかった


「なぁチャンミン……」


はい?


「俺を見て」


不意にユノが真面目な声で話しかけてきて
僕にしゃがむように促してくる


僕はユノに視線を合わせないように体を屈め俯く


「チャンミン…」


ユノに話しかけられても僕は黙ったまま


「もし 俺がこのままだったら … ずっと見てくれないの?」


そう言ってユノは 今にも泣きそうな顔を見せてくる


ユノ ちょっと待ってください 話が飛びすぎでしょう!?















応援 宜しくお願いいたします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/08/05(水) 21:32:30|
  2. funny
  3. | コメント:0
<<funny・27 | ホーム | funny・25>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する