ミエナイチカラ

funny・27

管理人の妄想(フィクション)です。
本文に登場する人物と 実在の人物は関わりはございません。
腐要素が含まれる可能性があります。
以上ご理解頂ける方のみご覧ください。

ミンホで恋人設定です。

ダメな方は退出をお願いいたします。

※パラレルです。
大丈夫な方のみ
続きを読むからどうぞ








もし 俺がこのままだったら
チャンミンは 俺の事 見てくれないの?



ちょ…ちょっと待って!!
いきなり何言ってますか?


僕は慌ててユノを見る


やっぱりというか 案の定というか
なんというか ユノは裸なわけで


あぁ…とうとう 見てしまった…


そんな僕の動揺など ユノはお構い無し


「チャンミン……」


「なぁ…どうなんだよ…」


ユノはその瞳を潤ませて 僕に詰め寄ってくる


『ユノ 待って! 何言っているんです?』


「何って…」


「チャンミン 今の俺 嫌なんだろ…」


そう言って ユノの目からポロっと涙が溢れる
その涙を見た瞬間 僕はとっさにユノを抱き締めてしまった


「チャンミン…?」


『………』



「チャンミン……」


「お前 今の俺 嫌いだから…俺…の事…避けて…」


ユノはそこまで言うと黙ってしまった


ユノ… どうしてそんな話になるんですか?


僕は腕に抱いていたユノの体を
そっと離して ユノの顔を見つめる


『ユノ 何か誤解してません?』


「誤解って……」


ユノはまだ瞳に涙をためている


『嫌だったら 一緒に居たいって言いません
社長に貴方の事 頼みますよ!』


僕は こぼれ落ちそうになっている涙を
そっとすくい もう一度抱き締めてやる


「 じゃあ何で?一緒にお風呂入ってくんないんだよ…」


はぁ……どうしてもお風呂なんですね


『何故って……』


僕は 思いきって答える


『女性の体を そう簡単に見るものじゃないでしょ』


僕の言葉に ユノはまた涙を溢す


「やっぱり 今の俺嫌いなんだ!」


えぇ? どうしてそうなるの!
何故 この繰返しになるんです!


『ちょっと本当に待って!』


僕はユノの小さな肩を掴んで
僕の顔を見るようにユノの顔を上げさせる


『ユノの事 大切だから入れないんですって!』


「チャンミン…」


なんだろう……


すごく恥ずかしい事
言わされたような気がするんだけど













応援宜しくお願いいたします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:東方神起 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2015/08/06(木) 21:00:00|
  2. funny
  3. | コメント:0
<<ちょろっと たわ言 | ホーム | funny・26>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する